交通事故の被害者になった!怪我の治療に健康保険は使える?

1.交通事故による怪我の治療は健康保険を利用できる

自動車に乗っている時もそうでない時も、交通事故の被害者になると怪我をしてしまうことが多くあります。このような場合、すぐに病院を受診して必要な治療を受けることが大切です。

本来なら加害者が治療費をすぐに支払うべきですが、交通事故では過失割合などを元に損害賠償金額が決まるため、示談が終わるまでは加害者が治療費を支払ってくれることはほぼありません。示談が成立するまでは、被害者が自分で治療費を立て替える必要があるのです。

交通事故の治療費は加害者が負担すべきものなので、健康保険を使えないと考えている人も多いですが、これは大きな誤解です。実際にはそんなことはなく、一般的な交通事故の被害者であれば問題なく健康保険を使って3割負担で治療を受けることが可能です。全額自己負担して立て替える必要はありませんし、

損害賠償請求のためにも病院の受診は必要不可欠なので、安心して病院へ行きましょう。

2.健康保険を使えない可能性もある

基本的には、交通事故の被害者であれば、加害者に対して怪我の治療費を全額請求することができます。しかし、場合によっては健康保険を使えないケースもあるので注意が必要です。

健康保険はどんなケースでも給付が認められるわけではなく、例えば勤務中の災害や法令違反行為によって生じた損害、第三者によって負わされた負傷などは給付対象外と定められています。交通事故はこの第三者による負傷だと判断されるため、健康保険の対象外と見なして使用を拒否する病院もあるのです。実際に交通事故の被害者であることを理由に健康保険を断る病院はほぼありませんが、その可能性もあるということを覚えておきましょう。

また、自由診療扱いになる治療を受ける場合は、基本的に健康保険を使うことはできません。自由診療は個人の希望によって標準以上の治療を受けるということなので、保険の適用範囲とは見なされないのです。ただ、交通事故を原因としてやむを得ず自由診療が必要になった場合は、例外的に健康保険の使用が認められることもあるので、病院や加害者側の保険会社などに相談してみてください。

3.健康保険を断られた場合の対応

一般的な病院であれば交通事故の被害者でも健康保険を使って治療することは可能ですが、自由診療をメインに行っている病院や保険医療機関ではない病院の場合、ごく稀に健康保険の使用を断られることもあります。本来であれば患者が一般的な保険診療を希望すれば病院側が断ることはできないはずですが、それでも断られてしまった場合、その病院はあまり良い病院とは言えません

そのまま治療を希望してもメリットはないので、早めに他の病院へ行くようにしましょう。初診料や診察料がもったいないと思うでしょうが、全額自己負担で治療を続ける方がずっと大きな出費になります。後から加害者に損害賠償金を支払ってもらえますが、示談がスムーズにいかなければ実際に示談金を受け取るまで長い期間がかかってしまいます。そうなれば負担が大きくなるばかりなので、運が悪かったと思って健康保険を認めてくれる病院に移った方が賢明です。

4.過失割合によっては健康保険を使ったほうが有利

交通事故に遭うと、加害者と被害者双方に必ず過失割合というものが算出されます。自分が完全に停止しているところに加害者が突っ込んできたようなケースを除けば、被害者と言えども大なり小なり過失割合が生じてしまいます。被害者側に少しでも過失割合がある場合、実は健康保険を使った方がメリットがあるのです。

仮に健康保険を使わず、加害者側の保険会社から全額治療費の支払いを受けていた場合、過失割合があれば後日損害賠償金額が大きく相殺されてしまいます。この点、健康保険を使っていれば総合的な治療費が抑えられるため、過失相殺されても手元に残る損害賠償金が多くなるのです。どうせ加害者が支払うのだからと健康保険を使わずにいると、思った以上に過失割合が高くなった場合により多く相殺され、損害賠償金がほとんど治療費に消えてしまったというケースもあり得ます。

このような場合に備えるためにも、過失に思い当たる節がある場合は最初から健康保険を使っておくと安心です。