事故証明が意味するところと、交通事故弁護士の役割

万が一交通事故に遭遇してしまった場合、警察官の立ち会いのもとに事故現場の状況確認が行なわれます。人身事故として相手がある場合、重要なポイントとなってくるのは両者の過失割合がどのくらいかという点でしょう。つまり、どちらにどれだけの過失があり、結果としてどれだけの金額を負担する必要があるかが決定されるというわけです。

事故証明書とは

こうした交通事故の状況を判断する上で重要になってくるのが、事故証明です。一般に交通事故証明書と呼ばれる書類が作成されますが、そこには以下の事柄が記載されます。まず第一に事故が起きた日時、事故が発生した現場の住所、事故当時の天気はどうだったか、さらに当事者の名前が甲乙で記載されます。事故証明書の意味するところを正確に理解するために、ここで少し説明を加えておきましょう。当事者について記載する際、甲は基本的に言って過失割合の大きい方で、乙は過失割合の小さい方と考えることができます。仮に、交通事故の形態が追突事故であった場合であれば、甲は追突した方であり、乙のほうは追突された方ということになります。

さらに、事故証明書には当事者の住所や生年月日の記載に加えて、事故の形態についての記載もなされます。例えば、追突事故や側面衝突事故といった具合です。ところが、この事故証明書に記載される情報は比較的少なく、詳しい事故状況が書かれることはまずないと言われています。この点も、覚えておきたいポイントです。

さらに、事故証明書に乙として記載されている方は、絶対に過失が小さいかというと、実際には層で歯ない場合もあるということを忘れないようにしましょう。前述しましたように、警察官が事故現場を調査して証明書を書くため、場合によっては過失に関する判断が間違ってしまうこともあるということなのです。なぜなら、警察官は民事には不介入の立場であり、実際の裁判における過失割合に関する知識の面では専門家であるというわけではないからです。それで、証明書が意味するところを正しく読み取るためには、この点を念頭に置いておくのはよいことです。
そこで、交通事故が起きた場合に適正な判断が下されるためにどうしても必要なのが、交通事故弁護士なのです。交通事故弁護士は専門的な深い知識を持った人で、相手方が加入している任意保険会社との間でスムーズに示談交渉を行なうよう働くことができます。こうした示談交渉には、慰謝料といった損害賠償金についての交渉も含まれます。

交通事故弁護士

中には、交通事故弁護士に依頼すると費用がかかるため、できれば自分で示談交渉手続きをしたいという人もいることでしょう。しかし、実際問題、自分で必要な手続き全てを行なうのは非常に大変なことです。交通事故弁護士に依頼するなら、手続きに必要とされる膨大な時間や手間を省くことができますし、専門家が適正に取り扱ってくれるという安心感を持って事態に臨むことができるというメリットがあるのです。さらに、この面での専門家に依頼するなら、獲得できる損害賠償額が増えることさえあるかもしれません。実に多くのメリットがあるため、専門家への依頼を積極的に考慮してみることができます。

とは言っても、やはりかかる費用はできるだけ最低限に抑えたいものです。そこで、是非とも交通事故弁護士選びのポイントを押さえておくなら助けになるでしょう。一つのポイントは、相談料が無料、あるいは低い額を設定している弁護士を選ぶということです。特に、事故の内容が複雑なものであればあるほど、相談に要する時間は長くなるものです。相談無料もしくは低い相談料の弁護士を利用すれば、それだけ余計な費用をかけずに済むからです。

さらに、自分が住んでいる所から比較的近い地元の弁護士を頼むことも勧められています。仮に、遠方に事務所を構えている弁護士に依頼するとしたら、交通費や日当がその分高くなる可能性があるでしょう。もちろん、書類を送付するにも費用がかかってしまいます。できるだけ実費を抑えるためには、地元の優秀な弁護士を選ぶのがポイントです。
加えて、途中で解約した場合にどれほどの違約金が発生するかをしっかりと確認した上で依頼するようにします。当然、弁護士と言えども得意不得意があるものです。そのため、自分が依頼した問題に確かな対応をするのに時間がかかってしまうこともあるでしょう。そんな場合に、待ち切れなくなって途中解約したくなるかもしれません。途中解約した時点で、それまでにかかった費用が違約金として請求されるケースがあるため注意が必要です。交通事故弁護士に依頼する前に、違約金の有無、違約金の額などを確認するとともに、とりあえず依頼してみるといった安易な気持ちで契約しないよう気を付けるべきです。信頼のおける保険会社に相談したり、インターネットで検索するなどして、安心して依頼できる弁護士を探す努力を決して惜しまないようにしましょう。