交通事故の示談交渉は弁護士に依頼する?弁護士ならではのメリットとは

1.精神的に安心できる

被害者になってしまうと、加害者や加害者側の保険会社と示談内容について交渉しなければなりません。

大きなケガを負わされた場合、治療を続けながら示談交渉も行うのは大きな負担です。また、加害者側の保険会社は何とか損害賠償金の支払いを安く済ませようとするため、被害者である自分の過失を執拗に追及してきます。ただでさえ被害者となって不安な気持ちが強いのに、こういった様々なストレスに晒されるのは避けたいところでしょう。

そこで活躍してくれるのが、弁護士なのです。弁護士なら交通事故の示談交渉案件にも慣れており、加害者側との交渉も一手に引き受けてくれます。被害者の不安や疑問にも適切にアドバイスをしてくれるため、プロが付いていてくれるという大きな安心感を得ることができます。示談交渉を全て任せ、自分はケガの治療に専念することもできるので、精神的にも余裕が生まれるでしょう。

2.有利な示談交渉が可能

通常、示談交渉には加害者側の任意保険の保険会社スタッフが乗り出してくることが多いです。

保険会社のスタッフは毎日交通事故の示談交渉を行っているプロなので、加害者側有利に示談を進めようとします。示談についてほとんど知識を持たない被害者が自分で対応すると、言いくるめられて不利な内容で示談に合意させられることも珍しくありません。このような不利な結果を防ぐためにも、高い専門知識を持つ弁護士の存在が重要となります。

弁護士は示談交渉や交通事故に関して高い知識や経験を持っていますし、弁護士基準という独自の損害賠償金の算出基準を利用できるので、被害者に有利な示談内容を勝ち取りやすいのです。加害者側から提示された損害賠償金を増額できる可能性もありますし、加害者が無保険だった場合も弁護士を通すことで適切に損害賠償請求ができるため、弁護士に示談交渉を依頼したほうがメリットが大きいと言えます。

3.後遺障害の申請が認められやすい

交通事故によるケガの程度によっては、後遺症が残ってしまうこともあります。後遺症が残ると被害の大きさが認められ、加害者へ請求できる損害賠償金額もアップします。ただ、そのためには専門機関に後遺障害等級を認定してもらわなくてはなりません。間違いなく後遺症が残っていると確認された場合のみ、加害者への損害賠償金を上乗せできるのです。

後遺障害等級の申請そのものは被害者自身でも行えますが、必要書類の作成や情報の収集、申請手続きなどやることは非常に多いです。認定に効果的な添付書類や記載方法なども分からないため、申請しても認めてもらえない可能性があります。

この点、弁護士に示談交渉を依頼しておけば後遺障害等級の申請も代行してくれるため、必要な手続きを全て任せることができます。後遺障害が認められやすいコツも心得ているため、被害者が自分で申請するよりスムーズに後遺障害が認められる可能性が高いのです。

4.治療費の打ち切りなどに迅速に対応できる

交通事故でケガを負うと、その内容によっては長期間の治療が必要になります。本来なら主治医が完治を宣言するまでは加害者が治療費を負担しなければならないのですが、治療が長期間に及ぶと、保険会社が一方的に治療費の打ち切りを宣言してくることもあります。

この場合、弁護士がいなければ打ち切りを受け入れて泣き寝入りするしかありませんが、弁護士がいればすぐに保険会社へ治療費打ち切りの撤回を申し込んでくれます。もちろん本当に治療継続が必要なケースに限りますが、主治医が完治したと認めない限り、一定期間は治療費を受け続ける権利があるのです。

保険会社も、被害者本人からの苦情は聞き流すことが多いですが、示談交渉を請け負っている弁護士からの連絡であれば丁寧に対応することが多いです。治療費を継続して受け取れる可能性が高いので、いざという時に備えて弁護士に依頼しておいたほうが安心です。