交通事故に遭ったらどうすれば良い?すぐに行うべき初期対応

1.何はともあれ警察へ連絡

交通事故に遭った際、必ずしなければならない初期対応が警察へ事故の一報を入れることです。これは加害者も被害者も関係なく、交通事故を起こした場合の義務とされています。一般的には加害者側が警察へ連絡することが多いですが、加害者がパニックを起こしていたり、最初はどちらが加害者か分からないケースもあるので、気づいた方が迅速に行ってください。

ただ、被害者となった場合は自身が大怪我をしている可能性もあるので、自分で通報できない場合は周囲にいる目撃者などに通報を依頼して構いません。大きな事故の場合は目撃者が慌てて通報してくれることも多いので、周囲の様子も確認しておくと良いでしょう。もちろん、他の人が通報しているからと言って、被害者である自分が通報してはいけないということはありません。余裕があれば自分も通報し、正しい交通事故の状況を伝えるようにしましょう。

2.交通事故現場を記録しておく

通常、交通事故の連絡を受けると現場に警察がやって来て実況見分を行います。どういった状況で交通事故が起きたのか、どちらに過失があるのかなどを確認するのですが、できれば警察が来る前に初期対応として事故の現場を自分で記録しておきましょう。

加害者の中には、少しでも自分に有利な事故にするために、わざと自分の車を傷つけるなど現場に手を加える悪質な人もいます。警察が来た後でそのことを訴えても、証拠がなければ警察も保険会社もどうすることもできません。自分が不利にならないためにも、スマートフォンで写真や動画を撮ったり、目撃者を探すなどして現場を適切に記録しておいてください。

時間が経つと記憶も曖昧になってしまうので、できるだけ早く事故当時の車のスピードや信号の色、一時停止を守ったかなどの詳細をメモしておくと良いでしょう。この場合、自分だけでなく加害者側の様子も分かれば記録に残しておくと役立ちます。

3.加害者の身元を確認する

交通事故の加害者は良い人ばかりとは限らず、中には事故を起こしたまま逃げてしまったり、後日急に連絡が取れなくなってしまうこともあります。こういった時に困らないように、初期対応として加害者の身元に関する情報を集めておきましょう。

基本となるのは、加害者の名前や住所などの連絡先、車のナンバーに勤務先、加入している保険会社名などです。これらを把握しておけば、万が一不誠実な対応をされた場合でも迅速に対処することができます。稀に知人の車などを運転して事故を起こす加害者もいるので、運転免許証車検証を見せてもらい、車の所有者が誰になっているか、保険の補償対象内なのかを確認することも大切です。

また、加害者が社用車を運転していたり、勤務中に起こした交通事故なら雇用主が損害賠償義務を負います。このため運転者の身元はもちろん、車の本来の所有者も確認しておくことが重要なのです。

4.すぐに病院を受診する

警察の実況見分や加害者との話し合いがひと段落したら、できるだけ早い段階で病院を受診しましょう。

これも初期対応の一つで、一見元気そうに見えても思わぬ怪我をしている可能性もあります。特に交通事故ではむち打ち内出血など時間が経過してから現れる症状も多いため、事故発生時に何ともなくても油断はできません。

損害賠償請求を行う際にも怪我の有無や程度は大きく影響するため、必ず一度は医師の診察を受けて身体をチェックするようにしましょう。軽い怪我でも治療が必要な間は加害者から治療費を受け取ることができますし、万が一後遺症などが残れば損害賠償請求金額を増額することもできます。正当な内容で示談するためにも、きちんと病院を受診して怪我の状態を確認しておくことが大切です。

ちなみに怪我をしていた場合、医師が完治を宣言する前に勝手に治療を中止したりすると、損害賠償請求がスムーズに行えないこともあるので注意しましょう。