物損から人身切り替えを!交通事故に遭った時に必ず知っておいて欲しいこと

1.そもそも人身切り替えとは?

交通事故に遭った時、その事故について警察に届け出をしなければなりません。そしてその届け出の種類には物損事故人身事故の2種類があります。

例えば車の運転中に事故に遭ってしまった場合、車は破損されたものの身体に怪我などが無ければ物損事故として届け出されます。ところが事故から数日後など、時間が経った時に初めて痛みなどの症状が出たり、直後には気付けなかった怪我などを発見する場合があります。そのような時に、物損事故として届け出ていたものを人身事故に切り替える申請を人身切り替えと言います。

物損事故と人身事故では、どちらの申請をするかによって加害者・被害者ともに受ける影響が大きく異なります。そして被害者は特に、人身事故に切り替えることで得られるメリットが大きくなりますし、切り替えをしなければ被害者として当然受けるべき保障が受けられなくなってしまう場合があるので注意が必要です。

2.物損事故と人身事故の違い

交通事故を物損事故として届け出た場合、実は加害者には大きなメリットがあります。

まず、道路交通法違反が無ければ運転免許の点数が加算されません。そして人身事故ではないので加害者は刑事罰を受けること無く、単に被害者の車などの修理代を払えば済んでしまう事も多いのです。仕事で車を頻繁に使用する立場にある方や事故の経験者などはそのメリットを知っていることも多く、物損事故として処理しようと被害者を促す場合があります。

物損事故として扱われた場合、被害者は身体に不調が出た際に医療費を請求することはもちろん、後遺症が残ってしまった場合にも慰謝料請求難しくなってしまうでしょう。そして通院などの医療費も被害者が全て自費で賄わなければならなくなってしまいます。また、多くの自賠責保険の補償対象は交通事故に遭った当事者であり、物損事故として扱われたままでは自賠責保険も使えなくなってしまうのです。

被害者が泣き寝入りにならないよう、少しでも身体に不調が出たら人身切り替えをしましょう。そして人身切り替えが受理されれば、加害者は被害者への医療費や慰謝料などを支払うことはもちろん、運転免許の点数が加算され、場合によっては刑事罰に問われるなど、相応のペナルティを受けることになります。

3.人身切り替えの方法とは

物損事故として届け出されたものの、後になって身体の不調が出て来てしまった場合は人身切り替えが必要です。

そこで人身切り替えをする際に必要な手続きを知っておきましょう。まず、身体の不調が出たらすぐに病院に行き、不調の原因が事故であることを医者に説明してください。そして事故との因果関係が明記された診断書を貰ってください。事故から時間が経ち過ぎてしまうと、医者としても身体の不調と事故との因果関係を判断出来なくなってしまいますので、出来れば約1週間以内に病院に行くと良いでしょう。

そしてその診断書と車検証などの必要書類を持って警察へ行き、人身切り替えの届け出をします。加害者と一緒に届け出が出来ればよりスムーズに手続きが進められますが、加害者が同行を拒む場合も考えられます。そのような時にも診断書内に身体の不調と事故との因果関係が記載されていれば、人身切り替えが受理される可能性が高くなります。

4.泣き寝入りはしないで!人身切り替えをしてきちんとした保障をしてもらいましょう

人身切り替えはきちんと受理されるためにも早めに届け出ることが重要ですが、法的には切り替え期限はありません。先に述べた通り、事故から時間が経ってしまうと届け出が受理され難くなってしまうことが考えられますが、その場合も裁判を起こしたり事故を扱うのが得意な弁護士に依頼する方法もあるので検討してみても良いでしょう。

万が一、人身切り替えが受理されなかった場合も、所定の手続きを経ることで相手の保険会社に人身事故扱いにしてもらい、賠償金などを受け取る方法もあります。ですがそれでは加害者には相応のペナルティは課されませんし、結局被害者だけが後々まで苦しむことになってしまうかもしれないのです。

そのような事態を避けるために、出来るだけ早く病院へ行き、人身切り替えの手続きを進めましょう。面倒でも泣き寝入りせず、加害者には相応のペナルティを課し、被害者としてきちんとした保障を受けられるようにしましょう。