実況見分調書は重要な証拠!交通事故の現場検証で気を付けること

1.現場検証と実況見分はほぼ同じもの

交通事故に遭った際、多くの人は不安でいっぱいになるでしょう。交通事故、まして実況見分をともなう人身事故ともなればなおさらです。交通事故被害者になった人は普通なかなか冷静ではいられません。大抵の人は、一生の内にそう何度も経験しないからです。

ですが慌ててはいけません。不安になり過ぎて消極的になったり、興奮して攻撃的になったりすると、実況見分調書の作成が上手くいかず、後々面倒なことになる可能性があるからです。できる限り落ち着いた対応を心掛けるようにしましょう。

一般的に現場検証として知られているものは、正確には実況見分と呼びます。どちらも事故や犯罪の起きた現場を調べるという部分は同じですが、完全に同じものではありません。現場検証は警察が裁判所から令状を取って強制的に調べるものです。それに対して実況見分は、令状がなく任意で行うものです。つまり交通事故の被害に遭った場合行われるのは、一般的に実況見分となります。そして供述調書とともに、実況見分調書が警察によって作成されます。

2.実況見分調書はとても重要!

実況見分調書は交通事故が起こった際、必ずしも作成される書類ではありません。以前ガードレールに衝突したことがあるけれど、実況見分調書なんて知らない、という人もいるでしょう。怪我人が出ず、物が壊れただけの物損事故の場合、実況見分調書は作られません人身事故の場合のみ作成されます。

実況見分調書は、刑事裁判となった時でも、民事裁判となった時でも、どちらの時も重要な証拠となります。刑事裁判には、被害者を死傷させたり、飲酒運転で事故を起こしたりした加害者が掛けられます。つまり重大な刑事裁判の証拠となるのです。

被害者に怪我がなく、交通事故が発生した原因が悪質ではないと考えられる場合は民事裁判となります。民事裁判なら刑事裁判ほど実況見分調書が重要ではないのかというと、そうではありません。双方の過失割合を決めるのは、この実況見分調書です。交通事故に対する責任の割合を示す過失割合は、慰謝料を含む損害賠償金を決める基準となります。

3.必ず立ち合いたい実況見分

一般的に現場検証と呼ばれている交通事故の実況見分には必ず立ち合いましょう。被害者として加害者に会いたくないという気持ちがあったとしても、やむを得ない事情がない限り必ずです。例えば、事故現場を映していた防犯カメラやドライブレコーダーなどのビデオが証拠となって提出される場合は、まだ問題が少ないかもしれません。ですがそういった証拠がない場合、非常に重視される証拠が実況見分調書なのです。

実況見分には、原則として加害者、被害者だけでなく、同乗者まで立ち合いを求められます。そして事故発生当時の状況を明らかにするために、警察官ができる限り正確に実況見分調書を作成します。あらかじめ気を付けることは二つあります。一つはどういったことを話すか冷静に考えておくこと、もう一つは言った言わないの水掛け論を避けるため自分の発言を録音しておくことです。

もし完成した実況見分調書を確認した際、誤りがあった場合は速やかに訂正を依頼してください。

4.もし立ち会えなかったら?実況見分調書、供述調書をよく確認すること!

実況見分調書に記載されるのは、実況見分の日時とか立会人の氏名とかだけではありません。ブレーキを踏んだ地点や危険を感じた地点なども記されるのです。こういった記述が過失割合で揉めた際、重要な証拠として扱われます。

それほど重要な実況見分調書ですから、当然立ち合いたいと多くの人は思います。ですが、交通事故で大怪我を負った被害者は、その場に行って一緒に確認することは難しいでしょう。もちろん怪我を理由に立ち会わないという選択もできます。しかしそれはかなりリスクがあります。

交通事故を撮影していた防犯カメラや目撃者の証言などがなければ、実況見分調書を作成するのは、警察官と加害者だけになります。加害者の車に同乗者がいた場合、その同乗者が客観的に意見を言ってくれることを期待することもできなくはありません。しかし、被害者に不利な、加害者側の主張のみで実況見分調書が作られる場合もあり得ます。警察官にとっても、残された現場の状況と、加害者の証言からしか判断できないのです。

もし被害者である自分の主張と合っていないのなら、絶対に実況見分調書にも、実況見分調書を元に作成される供述調書にも、署名捺印してはいけません