交通事故にあったら病院にすぐ行く!症状の判断を医師に任せることが重要!

1.交通事故では痛みの自覚症状がないとしても病院に行くことが大事

交通事故を起こすと、病院を後回しにしてしまうことがあります。特に痛みの症状が少ない場合や出血がない場合などは、病院よりも事故処理を優先してしまうことが少なくありません。

しかし、自覚症状がないからといって重大な損傷を負っていないとは限らないです。検査や診断をして、はじめて事故での損傷がないことが分かります。その判断は医師がするものであって、自分ではしない方が賢明です。仕事や他の予定があるとしても、病院へは優先してすぐ行くことが大事です。

事故直後の行動を間違ってしまうと、保険会社との話し合いで不利になることがあります。事故と関係ないと保険会社が主張する可能性があるからです。医師による事故直後の診断書があれば、保険会社が強く主張することができなくなります。交通事故の支払いは保険会社がするものなので、保険会社に全て証明できるようにしておくと問題を事前に防げます。事故に遭ったらすぐに病院に行くということを心がけておけば、診断書での問題は起きにくいでしょう。

2.事故との因果関係を病院で明確にしておく

交通事故に遭ったら、病院に行くことが大事なのには理由があります。

まず、交通事故の損害賠償請求には医師の診断書が必要だからです。保険会社に病院代などを払ってもらうためには、医師の診断書を添えることが必須になっています。また、すぐに行かないと事故との因果関係を証明することが難しくなります。症状が軽いからと事故直後に病院に行かないと、交通事故によるものかどうかの判断が医師でもできなくなる可能性があります。そうすると医師に診断書を書いてもらうことができなくなってしまうのです。

事故直後の診断と後日の診断では大きな差があります。後日の診断では保険会社から事故との因果関係に疑問を持たれかねません。示談にする時にはこのような小さな点も保険会社は見逃さないでしょう。このようなトラブルを事前に防ぐためにも、事故直後に行って病院で因果関係を明確にしてもらう必要があります。

3.事故直後には痛みを感じない外傷もある

交通事故では負傷者が痛みを感じない症状があります。事故に遭うと興奮状態になり、痛みを感じにくくなることが少なくありません。アドレナリンが分泌されるために痛みを感じにくくなるのです。しかし、実際には外傷を負っています。また、アドレナリンが出なくなった後でも痛みが出ないものもあります。

後日痛みが出て来るもので有名なのが頸椎捻挫(むち打ち)です。むち打ちは首の痛み、肩こり、吐き気、めまいなどの症状を引き起こします。本人が最初は自覚できないことが多いのが特徴の一つです。他に痛みを感じない症状としては、脳内出血を起こしているときです。その場合も痛みを感じません。事故で脳内の出血を起こしていたとしても、血液が溜まって脳を圧迫するまでには時間がかかります。そのため症状が出るのは事故直後とは限らないのです。痛みが出る頃には危篤になっているということもありえます。

このようなことを考慮すると、痛みのあるなしだけで交通事故の負傷について判断することは危険です。

4.後遺症はすぐに出るとは限らない

交通事故が起きてからすぐに後遺症が出るとは限りません。そのため示談後に後遺症が出ることもあります。

また、交通事故が後遺症の原因になっているということが証明されていないと、後遺症についての損害賠償請求をすることができなくなります。ただし、示談後の場合は後遺症についての項目があるかどうかが重要です。一度示談してしまうと、それ以上の損害賠償を求めることは難しいです。

しかし、法律的には示談当時に予想できなかった損害については請求できるものとなっています。そのため示談書に万一の場合には別途協議という後遺症の項目を追加しておくことが重要です。この項目があるのとないのでは、示談後に後遺症が出た時の対応の仕方が変わってきます。大きな後遺症になったときに助かることがあるでしょう。交通事故は直後だけの問題だけではなく、将来的に問題になる可能性があるものを考慮して解決しておく必要があります。